不思議な体験シリーズ。〜その前に〜

こんにちは。

ネイルーム橋本です。

今日は『不思議な体験』の話、をしたいと思います。

『スピリチュアル系』と言ってもいいのかな。

どんな話か、興味ありますか?^^

ところで、皆さんは不思議な体験をしたことはありますか?

見えないものを見たり、感じたり、聞こえたり。そんな経験をしたことのある方もいらっしゃるかもしれません。

私の場合は、30代半ばまでは、いわゆる『おばけ、レイ』みたいな往往にして『怖い』系が多く、自分的にはネガティブに思う体験だったのですが、そんなことが、まぁ今までにありました。過去形で書いていますが、今はだいぶ『怖い系』は無くなりましたが、いわゆる不思議体験、は今もあります。

目次

小学生の時、輪廻転生とか『魂の数』を数えました。

私自身は、小学生くらいから『魂の数』が気になって数えてみたり、『死んだらの世界』が自然と身近にあって(実家がお寺とかではありません)一人で脳内で映像を見ていました。そして、それが周りの人もする『普通』なこと、と思っていたのですが、親から『そんなこと考えないの!』と言われたり、私自身がキャッチしたこと感じたことをぽろっと話して『やめなさい!』と言われたりして、いつしか『私って変なのかな、ダメな子なのかな』と思うようになりました。

その他、親子関係で苦しむことが多く、自身の生まれ持っての素質もあいまってか、結果的に『私は変な人なんだ、変な子なんだ、ダメな子なんだ、』と自分で決めてしまったのです。

自己肯定感も低く(肯定感が育つどころじゃなかった)、私は自分を『価値のない人間、信じてもらえない人』と自分でジャッジメントをしてきました。そんな風に『自分はだめ、価値のない人間、罪悪感』と長いことずっと思い込んでしまったので、私の人生はずっと苦しかったです。

それでも持ち前の忍耐力(!)で、どうにか良い方向け人生の舵をきりたくて、もがいていました。

そんな思いを抱えながら、学生が終わり、就職し、結婚をし、ある時こう思ったのです。

見えないものが見えるって、本当に変なのか?

『人に見えないものが、自分だけ見た』だから『自分が変』って本当にそうなんだろうか?

そう疑問に思い始めたのが、実は最近(30代半ば)からです。目に見えないことを現実として体感している自分。でも自分が信じられなかったから、その体験すら疑問に思い否定してた感がある。でもでも、自分はこの世で体感しているから、これは現実と捉えても良いのではないか?自分を否定していると、自分に自身が持てないまま今世を終わってしまう….。

そう思った時、自分で自分を『肯定していこう』という意識変化が生まれました。自分の経験は自分でしか信じてあげられないなら、『自分を大切にする』ことって、『自分を信じること』なんじゃないか?って。だから、見えない世界で体感したことも『現実として捉えてよし!』と思えるようになったのです。

自己肯定感、自分を信じること、を知って。

30代半ばにそう思い、そこから自己意識を変えるため、『自己肯定感』を育てながら、自分の感覚によさそうなセッションや勉強会に参加したり、自らを受け止め本来の自分を解放することに力を注いできました。その成果があったようで、だいぶ意識も思考も良い方へ変わりました。

その最中には『見えないものを見る』ことに抵抗感が出た時期もあり、一時的に『封印』した時期もありましたが、40歳の時、それも含めて『私らしさだ』と思い直し、『見えないものを見る』ことに『許可』を出したのでした。

そう、本当に心から『見えないことを体感したなら、それを信じて良い。』と自分を信じることにしたんです。人に間違ってると言われても、自分の体感を信じよう。そしてこうも思いました。

『もう怖いものは見たくない、低いものとの周波数を切り、高次元との波長へ合わせて行こう!』と自分で本心で決心したのが、今年2020年の1月か2月頃だったのでした。

それを心から本心で決めて以降、ちょろちょろと不思議体験がまた再開(!)されるのですが、見える世界が変わってきています。以前のような『怖い系』ではなく『高次元の良きことを見たい。そこと繋がりたい。』と決めました。

最近では、怖いものは見ないようにしているので、結構気持ちも楽になっています。

そして、良いお知らせをキャッチする感覚を大切にしています。

そんな今ですが、実は直近で『良いお知らせ』の『不思議体験』が私の身に起こりました。

今日はその話をしますね。

私個人の話なので、他人さまに迷惑もかけないし、いいかな〜、って思っています。^^

見えないもの、スピリチュアル系、にご興味ある方は長文ですが御付き合いください。

そして一点、先にお伝えしますね。

リアリスト、で、スピリチュアルで良い。

私は見えないものを見たり感じたり、体感していますが、『スピリチュアルのみ信じる』タイプではありません。

リアリスト、でもあります。^^

そして、見えないものが見えたからこその、葛藤や悩み、人間関係、親子関係、などを今までに体験しています。若い時には特に、それらは私自身の精神面に影響があり、精神的に追い詰められたり、辛く苦しい思いも沢山しました。

例えば、立て続けに自分の周囲の方がこの世を去ったり(病気ではなく、の方です)、自身に降りかかる不慮の事故、人からの妬み、執着、執念、を受け取って苦しい思いをしたり、かと思えば、人に(主に女性)依存され体と心を蝕まれた過去….などなど。文字にすると暗いですけど、それらを主に20代に多く経験しました。

周りの友達が恋愛や仕事で楽しそうに謳歌するなか、『なんで自分は辛いことばかり…』と嘆いたこともあります。

でも、今40代になってわかります。

20代のあの頃は特に苦しいオンパレードだったけど、若い頃に苦しい思いや辛い人生を歩んだから、今では人の悲しい気持ちや辛い気持ちがよくわかるようになりました。そして、生きるなかで少しのことではめげなくなりました。

『あるがままでいい。それでいい。ジャッジメントは必要ない。嫌う必要もない。』

そんな感覚が身についてきました。

なので、スピリチュアル系の体験で怖い思いをしたり、自分の人生が辛く苦しい体験が多かったから、今のように少し面白い人生観になれたな、と思っています。^^

おっと!

ここまでで結構な文章を書いてしまいましたね。

ちょっと前置きが長くなったので、次の記事に『不思議体験』を書いてみますね!

引き続きよろしくお願いします。^^

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

『ネイルの時は自分だけの空間で、自分のための時間を過ごしたい』
というお客さまの気持ちにお応えできるように
お客さまとの心の交流を大切に。
気持ちの通う接客を心掛けております。

目次
閉じる